愛車の価値は?

人気の車種ほどレスポンスが多い

一括査定サイトは、同情報を瞬時に流し、買取り希望の業者から売却希望者に連絡の行くシステムです。
例えばA社の車を主に取り扱っている業者は、A社の車の情報が流れてきたら、検討して連絡しますが、B社の車だったら高値での買い取りはできないなぁ。というような具合です。
価格は、相場の価格プラスアルファ、その販売店他にはないルートを持っている業者だったら、ある程度高値を付けてくれます。
人気車種や人気色でも価格が変わってきます。
業者側は、ある程度の幅をもたせて最安値から最高値の見積相場を電話やメールで提示します。
金額を提示しない業者もあります。
だからといって高値をつけないというわけではありません。
そして、実車査定への流れとなります。

実車査定をやってみた

定型文であろう見積メールを見て、納得のいかない金額だったら断ることもできますし、実車査定はいつがよろしいでしょうかときても、メールを返さないということは出来ますが、実際に営業の人と会ってしまったら、多少不満があったとしても、断るのには勇気がいります。
わざわざ来てくれたというのもありますし、「今、ここで…。」という「本日限定価格」を持出されると、「明日には価値が下がってしまう。」という錯覚を起こしてしますのです。
そうならない為には、希望価格より下回ったら断固拒否する。最低3社と会ってみる。ネットや口コミを駆使して、同型の相場を知っておく。ということが大事です。
また、他社に見積を出していることを隠さないというのも有効です。